正常な遺伝子を入れて増殖を止める

商品価格30%OFF!キャンペーン
期間:2017/8/9〜2017/10/1 ↓↓↓↓

38種のがん遺伝要因がわかるDNA検査「マイコード」はコチラ

 

がん遺伝子治療とは?

がんは遺伝子に異常が起きて、細胞の増殖が止まらなくなったものです。

 

端的に言うなら、がんとは遺伝子の病気なのです。

 

これを逆手に取って、遺伝子を正常化してがんを治すのが「がん遺伝子治療」です。

 

切除したり、放射線や薬剤で破壊する以外にこんな治療法もあるわけです。

 

ご自分のがん遺伝子を調べたこの機会に、知っておいてほしいと思い、概略を紹介しています。

 

具体的には?

細胞のがん化のしくみのページで紹介したように、がんのアクセルとブレーキの役割を果たす遺伝子があります。

 

がん遺伝子治療では、アクセルの踏み込みを抑えることと、ブレーキの効きをよくすることの両面から攻めます。

 

つまり、まずがん遺伝子の働きを抑制する遺伝子を投与します。

 

そして、がん化した細胞を修復または死滅させる「がん抑制遺伝子」も投与します。

 

これにより遺伝子は本来の機能を取り戻し、がん細胞はアポトーシス(自死)していきます。

 

がん遺伝子治療のメリット

手術のような苦痛、放射線治療や抗がん剤治療のような副作用がないことがまず挙げられます。

 

入院の必要もなく、普通の生活を続けながら受けることができます。

 

また、他のがん治療と併用することも可能です。