【生活習慣病の発症リスク検査のすすめ|がん遺伝子検査受診者に】

心筋梗塞や脳梗塞も怖い

商品価格30%OFF!キャンペーン
期間:2017/8/9〜2017/10/1 ↓↓↓↓

38種のがん遺伝要因がわかるDNA検査「マイコード」はコチラ

 

日本人の死亡原因

日本人の死亡原因のトップはがん(悪性新生物という)です。

 

しかし、2位には心疾患、3位には脳血管疾患が来ます。

 

心疾患は狭心症と心筋梗塞がメイン。

 

脳血管疾患は、脳溢血と脳梗塞がメインです。

 

がんが心配な人なら、心疾患と脳血管疾患の発症リスクも調べておいた方がいいのではないですか?

 

日本人の60%は生活習慣病で死んでいる?

がん、脳梗塞、心筋梗塞・・・どれも生活習慣と深く関連した病気です。

 

がんは遺伝要因と環境要因の相互作用で起きます。

 

環境要因とは喫煙やストレスのような生活習慣のことです。

 

脳梗塞と心筋梗塞は病気が起きる場所が脳と心臓と言う違いがありますが、起きるメカニズムは同じです。

 

先行する症状として、まず生活習慣を原因として動脈硬化が起きます。

 

そして血管の中に血栓ができ、それがある日剥がれて流れていき、細い血管を詰まらせます。

 

するとその先の組織に血液がいかなくなり、壊死します。

 

それが脳で起こるのが脳梗塞、心臓で起きるのが心筋梗塞なのです。

 

生活習慣病としては、ほかには糖尿病の存在も大きいです。

 

多くの病気リスクや体質を検査できるマイコード

死ぬほどの病気ではなくても、年を重ねると心配になってくる病気はほかにもまだまだあります。

 

がんだけでなく、生活習慣病、その他の病気の発病リスクもこの機会に調べておいてはどうかと思います。

 

遺伝子検査マイコードの「ヘルスケア」なら、38項目のがん遺伝子検査をはじめ、そうした病気や体質のことまで合計280項目を調べてくれます。

 

「がんパック」で38項目を検査した後に追加料金を払って総合検査を受けることもできるので、頭に入れておいていただくとよいです。