増殖が止まらなくなるのががん

商品価格30%OFF!キャンペーン
期間:2017/8/9〜2017/10/1 ↓↓↓↓

38種のがん遺伝要因がわかるDNA検査「マイコード」はコチラ

 

がん細胞とは?

がん細胞とは、遺伝子に異常が起きて増殖が止まらなくなった細胞です。

 

正常な細胞は周囲の組織と協調し、身体全体からの必要性が満たされたら成長を止めます。

 

例えば、傷口の細胞は傷が塞がったら成長を止めます。

 

正常であれば、親指の細胞が手のひらを圧迫破壊しながら、カラダのサイズと不釣り合いに巨大化していくようなことも起きません。

 

また、アポトーシス(細胞のプログラミング死)といって、細胞は死すべき時がプログラミングされています。

 

正常であればその時がくれば、破壊されたり、栄養を絶たれたりしなくても、自分で自然に死にます。

 

それが、全身の都合などお構いなしに増殖していくようになったものががん細胞です。

 

がんを引き起こす遺伝子異常

がん細胞は、正常な細胞の遺伝子に傷がつくことで発生します。

 

傷がつく遺伝子の種類は2種類あります。

 

第一が、細胞増殖のアクセルの役割を果たす遺伝子が踏みっぱなしになるもので、「がん遺伝子の活性化」と呼ばれます。

 

第二が、細胞増殖のブレーキの役割を果たす遺伝子が効かなくなるもので、「がん抑制遺伝子の不活性化」といいます。

 

傷のつき方はDNAの配列が変わってしまう場合と、DNAの配列は同じままだがその使われ方が変わってしまう場合があります。

 

後者をエピジェネティック変異といいます。

 

エピジェネティック変異とは?

つい最近まで、遺伝子情報はDNA配列がすべてだと思われていました。

 

しかし、DNAが変化していないのに、細胞の変化が増殖した細胞や子孫に受け継がれることがあることがわかってきました。

 

今日ではDNAメチル化やヒストンの化学的修飾をはじめ、その化学的な仕組みも明らかにされつつあります。

 

形質発現は、DNA配列とそこに書かれた遺伝子情報のスイッチをオン・オフする周辺物質が一体となって起こると考えらるようになってきました。